FC2ブログ

プロフィール

waitingman

Author:waitingman
某大学1年生。

東北のほとんどアニメ放送のない所に住んでいるのでAT-XやBSデジタルでの視聴が頼みの綱です。

好きな作品:AIR、ARIA、百合系など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:アニメ感想
Pdvd_003_20071224004115.jpg

Pdvd_004_20071224004127.jpg

Pdvd_005_20071224004617.jpg

日記を読み終える千尋だが、あまりにも何もない日常にやり場のない怒りが募り、日記を蓮治に投げつける。蓮治の反応から紙だからあまり痛みがないのだと思ったが、どこか切れたのか額から血が流れる。

Pdvd_000_20071224004632.jpg

場面は変わり、みやこを迎えに行く広野。あれ?CLANNADのだんご大家族かな?

Pdvd_007_20071224004928.jpg

そして、砂浜で抱きしめ合う二人。ふたりを包む光が同じ色になったのは思いが通じたから?

Pdvd_008_20071224004935.jpg

そのころ、京介は景を撮影(盗撮)していた。景は料理を習っている様子。

Pdvd_009_20071224004941.jpg

みやこの勝利確定が決まった。

Pdvd_010_20071224005353.jpg

千尋編に話が移るが、蓮治がクッキーまで作れるのは感心する。

Pdvd_013_20071224005723.jpg

前の千尋は死んでしまったのではないか?と聞かれて、砂浜で叫ぶ蓮治。
Pdvd_015_20071224005727.jpg
Pdvd_016_20071224005733.jpg

広野の部屋でみやこを見てしまい、泣きながら走る景。次回はまた修羅場展開になりそう。
Pdvd_017_20071224005737.jpg

今回の画はおとぎの国のアリスをイメージしている様子。タッチは結構好きだな。
スポンサーサイト



テーマ : ef -a tale of memories- - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アニメ感想
Pdvd_000_20071216002101.jpg

冒頭から前回から待ち続けるみやこが携帯を噴水に投げる。

Pdvd_002_20071216002532.jpg

そのころ景がシャワーを浴びているのだが、そのシーンのコントラストが赤+黒色でかなりきつい配色だと思う。
Pdvd_003_20071216002800.jpg

その格好でみやこの前に現れるかw
景の黒さが見えるシーン。

Pdvd_004_20071216003113.jpg

手作り弁当はヒロインが作るパターンが多いけど、逆のパターンは珍しいと思う。蓮治が作ったのは結構手が込んでておいしそうな感じ。

Pdvd_005_20071216003406.jpg

帰りに砂浜により、前に作った砂の城を見つける二人。ここで千尋が記憶が残っているようなことを言う。少し良くなったかと思ったのだが...

Pdvd_006_20071216003703.jpg
Pdvd_007_20071216003708.jpg

どこからともなくみやこの前に、現れる優子。そして、みやこをなぐさめる。やっぱり優子は人間離れしてるところがある。

Pdvd_008_20071216003938.jpg
Pdvd_009_20071216003944.jpg
Pdvd_010_20071216003950.jpg

千尋は12時に起きることで一日の記憶を暗唱していた。しかし、日村に見つかり日記を取り上げられ、取り返そうとした千尋に日村は張り手をしてしまう。千尋の必死さが伝わってくる描写。

Pdvd_012_20071216004741.jpg

蓮治と手をつなごうとした矢先、疲労で倒れてしまう千尋。
Pdvd_013_20071216004756.jpg
Pdvd_014_20071216004802.jpg

お見舞いに行くが、起きたとたんに錯乱する千尋。しまいには眼帯をとってしまい泣き崩れてしまう。

Pdvd_015_20071216004808.jpg

広野にみやこから電話が掛かってくる。みやこの気持ちは伝わるのかな?

Pdvd_016_20071216004812.jpg

かなり崩して描かれたイラスト。誰?あのインド風の人はww

テーマ : ef -a tale of memories- - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アニメ感想
また、月曜更新になってしまったけど、続けていきます。
Pdvd_000_20071212001823.jpg

オープニングは千尋の語りと影絵でスタートするが、なんだかシリアスな感じがする。
Pdvd_001_20071212002123.jpg


今回は図書館で本格的に小説を書き出すようだが...
Pdvd_002_20071212002130.jpg

Pdvd_003_20071212002230.jpg

ノイズが映像に乗る。ふたりの間の隔たりを表現しているのかな...
Pdvd_004.jpg

Pdvd_005_20071212002334.jpg

Pdvd_006_20071212002652.jpg

Pdvd_007.jpg
Pdvd_008.jpg
Pdvd_009.jpg

図書館からの帰りに千尋と蓮治は砂浜による。そこでそろそろキスしてもいいと千尋に言われる蓮治だが、千尋との決定的な記憶と認識のズレを自覚してしまい愕然とする。

Pdvd_012_20071212002908.jpg
Pdvd_013_20071212002915.jpg
Pdvd_015_20071212002923.jpg
Pdvd_016_20071212002934.jpg

後半はみやこによる広野との出会いから過去の回想と両親に愛されていなかった孤独が描かれる。何枚も投げられる皿は痛い。

Pdvd_017_20071212003128.jpg
Pdvd_018_20071212003133.jpg

Pdvd_020_20071212003747.jpg

何度も、何度も、携帯の留守電に掛け続けるみやこ。スクールデイズと違って、
怖い表現というよりもみやこの焦りと寂しさがにじみ出してくるような卓越した表現と演技力だと思う。特に最後に消されていく画面の中で嗚咽混じりながら振り絞るような声で「消さないで...」は特に印象に残った。
Pdvd_021_20071212003844.jpg
Pdvd_022_20071212003902.jpg
Pdvd_023.jpg
Pdvd_024.jpg
Pdvd_025.jpg
Pdvd_027.jpg
Pdvd_028.jpg

エンディングがまた変わった。
みやこにとって広野と会う場所である屋上の鍵が開かないことによって
居場所を失ってしまった孤独感が、
そして、最後にみやこの顔が青一色で塗られていて、空を眺めているところからみやこの絶望感が伝わってくる。

Pdvd_029.jpg
Pdvd_031.jpg

例によってみやこのメールをすべて消去した景。それはいくら面白くないからといっても、やり過ぎだと思うけどな...

テーマ : ef -a tale of memories- - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アニメ感想
チューナー買い換えたのでなんとかキャプチャーできるようになりました。
それにしても長かった...
記事は時間を確保しつつ更新しようと思います。

Pdvd_000.jpg
Pdvd_001.jpg
Pdvd_002.jpg
Pdvd_003.jpg

冒頭から線路を挟んで二人が対決。
そして、景が「お兄ちゃんの心から、あなたの存在を消してみせる。」と言い放つ。

Pdvd_005.jpg
Pdvd_006.jpg

みやこの真似をしつつ部屋に上がり込もうとする京介だが
謎の電撃を受けて電光石火の勢いで飛ばされていく(笑)

Pdvd_020.jpg
Pdvd_021.jpg

試合中に足をくじいてしまう景。
保健室にいたところに紘が駆けつけて一緒帰るが、
みやことの約束をすっぽかす形になってしまう。

Pdvd_010.jpg

なぜか女子の制服を持っている久瀬さんに貸してもらうが
Pdvd_011.jpg

婦警コスプレは違うだろ...似合ってるけど(笑)
久瀬さんはいろんな意味でだめだめです。
Pdvd_022.jpg

何とか着替え終わり学校の図書館に行こうと話す。
明日では遅いので今日中にむかう千尋と蓮治
Pdvd_012.jpg
Pdvd_013.jpg

幸せそうな二人の表情が印象的なカット
二人にはよい結果が待ってるといいですね。
Pdvd_014.jpg
Pdvd_015.jpg
Pdvd_016.jpg
Pdvd_017.jpg
Pdvd_018.jpg

また、エンディングを変えてきました。
シャフトは驚かせてくれます。
アンビエント風の曲をバックに昨日と今日の千尋を対比した構図になってます。
最後のカットは支配からの解放をイメージしているのか?

Pdvd_019.jpg

みやこは最近人気の病んデレ化してしまうのか?
次回が楽しみな反面で心配が残ります。

続きを読む »

テーマ : ef -a tale of memories- - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |

copyright © waiting in the sky all rights reserved.Powered by FC2ブログ